寄居本町クリニック 埼玉県大里郡寄居町の診療所(内科・消化器科・循環器科・呼吸器科・アレルギー科・リウマチ科・人工透析・外来診療・健康診断・予防接種・人工透析)

医療法人蒼仁会寄居本町クリニック
寄居本町クリニック,初診の方の受付banner

食物アレルギー検査

食物アレルギー疾患の児童が増えています

原因は諸説ありますが、特定できない状態です。
 少子高齢化に伴い、本来、減って良いはずのアレルギーを持つ児童が増加している現状です。
そのため、学校などへ医療情報(学校生活指導管理表)を提供する事が求められています。食物アレルギーでは、正確な診断に基づき対応する事が大切です。

1.食物アレルギーの診断

※厚生労働科学研究班によるアレルギーの診療の手引き2011より転載

2.アレルゲンの確認

View36はアレルギー症状に重要な原因アレルゲン36項目の同時測定が可能 な検査です。これによりアレルギーの原因物質スクリーニングに有用であり、多種 のアレルギー疾患への対応が出来ます。 また、採血量も少量での検査が可能で あることから、小児でも多項目のアレルギー検査が可能となります。

吸入系その他のアレルゲン

室 内 塵 ヤケヒョウダニ、ハウスダスト
動 物 ネコ皮屑、イヌ皮屑
昆 虫 ガ、ゴキブリ
樹 木 スキ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ
草 木 類 カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ
空 中 真 菌 アルテルナリア、アスペルギルス
真菌その他 カンジタ、マラセチア、ラテックス

食事系アレルゲン

卵白、オボムコイド
牛 乳 ミルク
小 麦 小麦
豆・穀・種実類 ピーナッツ、大豆、ソバ、ゴマ、米
甲 殻 類 エビ、カニ
果 物 キウイ、リンゴ
魚・肉類 マグロ、サケ、サバ、牛肉、鶏肉

3.学校生活指導管理表

 平成25年度に文部科学省の委託を受けて公益財団法人学校保健会が全国の公立小中学校と高校を対象に行った実態調査の結果、食物アレルギーの症状等の正確な状況を把握できていない可能性があることがわかり、ガイドラインを徹底する事が求められる事になりました。  今後、医師がアレルギーのある児童生徒を診断して情報を記す「学校生活管理指導表」の提出を求められる事が想定されます。
学校生活管理指導表のPDF